読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本昔話~七夕伝説はおかしい

 宇宙の主が娘に婿を迎えたら、毎日イチャイチャしてばかり。

婿は農作業をさぼり、娘は機織りを休み、腹を立てた主は

二人を天の川の両岸に離して、毎年7月7日だけ逢うことを

認めた。 それで、二人は仕事に精を出して金持ちになり、

めでたし、めでたし、というお話しですが、おかしくは

ありませんか?

 

 1年に1日しか逢えなくて、子供は作れるのでしょうか?

仮に出来たとしても、育てるのはどちらの責任なのでしょうか?

 

 仕事をちゃんとやるようにさせるのが目的なら、イチャツク

のは、夜だけにしろ、昼間は働けと命ずれば良かったのでは

ないでしょうか?

 

 大体、天の川だって、凄く川幅が広くて、どうやって二人は

逢えば良いのでしょう。 船ですか、時間も燃料もかかったで

しょうね。 1日だけ逢うのであれば、ジェット機かロケットが

必要だったんではありませんか? 逢うのが1日だけで、往復の

時間とか手段はどうでも良かったのでしょうか。

 

 宇宙のご主人様、どうか、すぐに二人が一緒に暮らせる

ようにお考え直しください。 お願いします。

 

 二人の仲の良い所を見てやってください。

f:id:TedO:20170322003833j:plain

このイラストはネットからの借り物です。