読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年・・・1月8日

 

 高校時代は大学受験で頭が一杯で, いわゆる「暗黒時代」であった。

ニュースも特に無かった。

 

 浪人時代が長かった。 勉強そっちのけで、小説ばかり読み漁って

いたせいだ。 不摂生で、身体ももたなかった。 浪人を放棄した。

 

 初めてアルバイトをやった。 新聞配達は朝が早いからNG。

いい具合に、大学の学生食堂の募集広告を見付けた。 朝6時起きで

片道自転車で30分の距離だし、魅力は3食付きだった。

夜は8時まで片付けがあり、家に帰ったら寝るだけで、本というもの

には全く触らない4か月。 夏休で食堂は一時休業。 そこで、一寸

頭を使った。 そのまま、コックになるか。 答えはNO。

それから6か月勉強続け合格。 諦めないで良かった! 

 

 1957年、昭和32年、21才でようやく大学入学。

この年のニュースは「関門トンネル開通」。

 

 翌年、1958年、昭和33年はビッグな年だった。

東京タワーが完成したのだ。 高さ333メートル。

何から何まで目出度い。 何故? 僕のラッキー・ナンバー

「3」のオンパレードだから。 

それと、これは冗談だが、東京タワーが倒れたら我が家の屋根に

ぶつかる位近かった。

f:id:TedO:20170108220104j:plain

 

  僕の青春時代は1960年、昭和35年、大学3年から始まった。

この年はそれを祝うかのようにカラー・テレビの放送が開始された。

 

大学生が運営する社交ダンス講習会に参加、女の子の手を握り、

スカートの上からだが、腰を抱き、胸を合わせて踊るのは天にも昇る

心地だった。 そのうえ、誘うとみんな付いてきて、同伴喫茶とか、

公園、遊園地デートとか、キスの味も覚えた。