読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老 人 の 愛 と 性

 

 最近、何かで高齢者の愛と性の話が「いい年をして」という言い方で片付け

られたのを見て、異論を唱えたくなった。

 

 筆者は80才と十分に老人の男性であり、人生経験も人並みか、それ以上と

自負している。

 

 高齢の男女がからんだ愛とか性を取り上げた小説、ドラマは少ない。

 

 筆者は2014年に亡くなられた渡辺淳一氏のファンで、長編小説は殆んど

所蔵している。

 

 同氏は老人たちを主人公にした『エ・アロール』という小説を書かれた。 

舞台は進歩的な高級老人ホームで、その中での恋と性を扱っている。

 

 『シャトウ・ルージュ』では、ついに、渡辺氏が渾身の力を込めて

女性の性のすべてを読者に見せてくれた。 

 

 更に、亡くなる直前に『愛ふたたび』という小説を残された。 

70台の男性医師が、一人は40台、もう一人は20台の女性と男女関係に

あった。 突然、EDになった男性は慌てるが、女性たちはインサートしなく

ても満足しているから気にするなと言ってくれて安心するという話。

 

 老人の性という難しいテーマを渡辺氏流に美しく、爽やかに語っておられる。

然し、筆者は不満を感じた。 渡辺氏の美意識ではそれ以上踏み込んで書け

なかったのか、体力的に書けなくなってしまったのか、渡辺氏の作品としては

物足りなかった。

 

 他に、フランス人で医師、映画監督のイブ・シャンピ氏と結婚、そして、離婚

された大女優の岸恵子氏は女優になる前は作家志望だったそうで、2013年に

出された『わりなき恋』では、69才の独身女性に59才の家族持ちの男性が

恋をし、愛しあうという話しで、老人女性の性が鮮烈に描かれている。

 

 ドラマでは、外国映画だが女性を満足させるテクニックを若い男性が学んでいく

話しを2本見付け、別の世界を覗き見たような感じがした。 男の性と女の性が

どれだけ違うのかなど、まったく意識しないで、また、知ろうともしないで人生が

終わるところであった。 ドラマの中の男女の触れ合いの見方も違ってきた。

 

 努力の甲斐あってか、最近、神秘的ともいえる女性の性のほぼ全貌が見えて

きたのである。 男性は70才を過ぎて、EDとなり、燃えがらの如くなるのに

対し、女性は年齢を重ねても、性感が衰えるどころか、強くなることもある。

女性が主役であるが、ダンスのように、男性のリードも重要である。

 

 また、精神面、感情面とか複雑な要素もあるようだ。 即ち、相手との気持ち

の関わり方である。 所謂、「愛」があるか、無いかが重要なのである。「愛」

と言っても難しいことではなく、相手を大切に思っているか、喜ばせたいと思う

気持が充分強いかである。 これはデリケートな分野で、一寸した言葉や動作で

気分が変わってしまうので、お互い気を使う必要がある。

 

 男性の女性に対する、所謂、愛撫というのが、最も肝心な点で、部署、強弱、

頻度、間隔、順序など、女性の反応を見て発見を重ねていくのも、双方にとって

嬉しく、楽しいことである。

 

 さて、少し、一般的な話に戻るが、男女共に若い時から老齢に至るまで、生活に

取り紛れて、性に関すること、なかでも、男性の満足と女性の満足に大変なへだ

たりがあることに気が付かない。 極端な場合はセックスレスになって、

その話題すら長期間触れられないこともあるようだ。 「年だから」と。

 

 日本女性は奥床しく、自分から男性に催促もしなかったり、しても何の変化も

起こらないとそのままになり、大きな快楽と満足を知らずに一生を終える。

恥と思って、姉妹・友人にも相談をしないのが普通のようだ。

男性も女性も無知のために損をしていることに気が付かない。

 

 渡辺淳一氏の作品は男女の性を優しく描いて読者の共感を得たと思うが、

もし、未読なら、人生を無為に終わる前に読んで、愛する人を幸せにしては

どうか。 村山由佳氏の『ダブルファンタジー』『ありふれた愛じゃ

ない』も目覚めた女性の叫びと、筆者は感じている。

 

 もし、共感されたら、下記にメール下さい。 出来るだけ返信します。

  http://tedokunusi@gmail.com