読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲かない蕾(つぼみ)前編

 折角、縁あって近付いて来てくれたのに、結ばれなかった女性たち。

蕾(つぼみ)のまま開花しなかった花たちとの交流。 

大学3~4年という短い期間に起きた、青春時代のこぼれ話を集めて

みました。

 

   文通で知り合った女性たち

 大学に合格するまでは受験という壁があって、女性との交際が全く

無かった。

だから、大学に入学すると、直ぐに雑誌で見つけた、地方の文通希望の

女性と手紙の交換を始めた。 そのうちで、直接会うことになった女性

たちとのお話し。

 

  (第一話)関西方面から東京の短大に入学した女性

 手紙で打ち合わせ、JR中央線のある駅の近くの彼女のバイト先で

会って、立ち話をした。 遊び相手には向かない気がして、それ以上の

進展は無かった。

 

  (第二話)東北地方の漁港のある町の図書館司書

 夏休みに旅行をしたいと連絡したら、地元のお寺にただで泊めて貰えるから、

遊びに来ませんかと云われ、喜んでその話にのった。 お寺のご家族みんなで、

まるで親戚のように暖かくもてなしてくれた。 お子さん達と毎日リアス式海岸

を見てまわり、すっかり仲良くなった。 

文通相手の女性も毎日仕事の後、お寺に来て食事の後片付けをしたり、奥さんと

話をしたり、良く出来た女性だった。

 然し、遠距離であり、彼女との文通は途絶えた。 大分経ってから、東京に

出て来たと便りがあったが、こちらは既に結婚しており、返事をしなかった。

 他方、お寺のご家族とはお子さん達が東京の大学に進学したこともあり、

長い間年賀状を交換した。

 お世話になった図書館司書の彼女との文通を続けなかったことは、今になると

恩知らずな自分に腹が立ち、後悔の念を禁じえない。